プロミス

プロミス 申し込みから審査、契約完了、振込まで

先日、私はちょっとしたアクシデントがあって、急にお金が必要になった。
なるべく金利が低くて、早く借りられるところ、私はパート収入のみ、ということを考えると消費者金融しかないと思った。

 

でも、消費者金融で借りるってイメージが良くないから、できれば家族や周りの人には知られたくない。


それに酷い取り立てのニュースを何度も見た世代なのでやはり恐怖心もある。

 

本当は、ちょっと怖いなぁ、でも今は法律が変わったし多分大丈夫・・・とビビリながら申し込んだプロミスについて書いてみる。

 

 

インターネットから申し込んでみた

 

消費者金融で借りることには抵抗があったので、迷っていて深夜になってしまったので、インターネットから申し込みをしてみた。

 

在籍確認の電話

 

自動審査があってから、在籍確認の電話があることは調べて知っていたが、ビックリしたことに翌朝、会社に出社した9:30過ぎに在籍確認の電話がかかってきた。
プロミスでは営業を始める朝9:00から、前日の夜にインターネットなどで受け付けた申し込みの自動審査を何件もやっているはずだから、スピーディな処理だと思った。
今回の申し込みが深夜のネット申し込みでなかったら、もっと速いのかもしれないと思った。

 

個人名でかかってくる電話とその他の気遣い

 

もちろん、この電話は個人名でかかってきて、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)などの社名は全く出てこない。

 

私の年齢にあわせて、私の友達くらいの年齢の女性からの電話だったことに、好感がもてた。万が一、私ではなく同僚が電話に出たとしても、個人名で女性で同じくらいの年齢の人からの電話であれば、まず怪しまれることはないからだ。

 

在籍確認は私のように本人が電話に出た場合だけでなく、周りの人が電話に出て、本人が在籍しているとわかれば、別に本人が電話を取らなくても問題ないらしい。

 

 「在籍確認が取れましたので、ここからすぐ審査に入ります。」と告げられた。

 

本審査後に必要資料を提出する

 

その後、10:00くらいに、審査終了のメールがきて、免許証などの本人確認をスキャンしてその画像を添付してお送り下さい、といった指示があった。(10:00くらいと書いたが、もっと早かったように思うのだが、プロミスの公式サイトにはここまでが最短30分と書いてあるので、私の記憶違いかもしれない。)

 

私は職場の机にスキャンがあるからすぐに画像にできたけれど、スキャンなどがなくても、いろいろな方法を提示してくれていたので、指示にしたがって本人確認資料を提出すれば良いと思う。

 

限度額を50万円にしたので、本人確認資料のみだったが、限度額が50万を超える場合や、他社との合計借入が100万円を超える場合は年収証明が必要になるようだ。

 

契約完了 振込

 

本人確認資料を送って、ほどなく電話がきて、「これで契約が完了しました。すぐにお振り込みをご希望ですか?」と聞かれた。この電話も希望すれば、メールなのかもしれない。

 

とにかく、お金が必要ではあったけれど、あまりの速さに、むしろ戸惑うくらいだった。

 

ただ、この振込も銀行が開いている午後3時までしか当日の振込はできないので、即日振込みの条件として平日14時までにWEB契約完了ということになっているようです。

 

 

30日間利息無料サービス

 

ここで、30日間無利息の説明がありました。

 

私が申し込んだときより、今はこの手続が簡単になったようです。

 

今は「30日間無利息サービスというのは、 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要となります。」ということです。大事なので もう一度書きますね。30日間無料サービスはメアド登録とWeb明細登録をして受けてくださいね。

 

 

ところで、できれば利息は無利息にしたい私は、まずこの無料サービスに申し込んでから借りた。そして、30日以内に全額返済した。

 

うまく利用すると、高利のイメージがある消費者金融でも金利ゼロで借り入れできるということに私は何よりビックリした。

 

それから、契約完了後にただ説明をきいていると、ここまでご質問はありませんか?と何回か途中でこちらの理解度について確認してくれる。
特に振込についても、本当に今すぐお金が必要で1秒でも早く!という人のために、契約完了後に直ちに振り込みます、という空気が感じられた。

 

消費者金融のイメージが怖い、暗いというイメージから丁寧で明るいというイメージに完全にこの申し込みで変わった。本当に時代はどんどん変わりますね。